メニュー
%
フィリポナ社のシャンパン
戻る

フィリポナ社のシャンパン

コレクション

フィリポナ社はワインを造る為に主にグラン・
クリュ及びプルミエ・クリュで採った最良の
葡萄の一番搾り果汁しか使用しないのです。
それに、シャンパーニュ地方ではかなり遅い
収穫による最適の成熟に至った葡萄を収穫
するのはフィリポナ社のポリシーです。
シャンパーニュ地方では極めて珍しい
のですが、フィリポナ社のベースワインの
一部は木樽で発酵や熟成され、デリケートで
力強いシャンパンが造られます。
それから様々なシャンパンを3~11年間、
澱と共に寝かせます。
流行にとらわれず、フィリポナ社の
独特なシャンパンスタイルは
ワインに近い芳香性、豊かな味わい、
力強さと整ったバランスです。

フィリポナ社のシャンパンの共通点で
あるピノ・ノワールの香りの濃密さ、
新鮮さやミネラル感の追求は
共通のテーマです。
低いドザージュによって、力強さを
新鮮さの完璧なまでのバランスを
維持しているのです。
フィリポナでは、古いヴィンテージの瓶が
「宝の地下室」で逆さに並べられ、
長期熟成の後にお客様の要求に応じた
デゴルジュマン(澱引き)を行います。
フィリポナ社は食事とのマリアージュを始め、
どのシーンでも合うあらゆる種類の
シャンパンをご提供します。
ノン・ヴィンテージのキュヴェは3種類、
ヴィンテージのキュヴェは3種類、そして
高級なキュヴェも取り揃えております。
キュヴェ1522、キュヴェ1522ロゼ、
クロ・デ・ゴワス、クロ・デ・ゴワス・ロゼ。

戻る
01_royale_reserve_brut_detoure_2016.png
|Royale Réserve Brut
02_royale_reserve_non_dose_detoure_2016.png
|Royale Réserve Non Dosé
Packshot_RRR-2.png
|Royale Réserve Rosé Brut

Royale Réserve

「ロワイヤル・レゼルヴ」と名のつく3種類のシャンパンは、
葡萄栽培者、ワイン商や、ルイ14世の家臣や王によるアイ村の
行政官及び村長であったフィリポナ家の祖先に由来します。
ピノ・ノワールが主要品種で、シャンパーニュ地方の中心にある
グラン・クリュ及びプルミエ・クリュで収穫した葡萄の
一番搾り果汁で造られています。早すぎる酸化を避ける為に、
伝統的な製法に基づいて発酵を行います。
地下のカーヴにおいて3~4年間、澱と共に熟成させます。
ロワイヤル・レゼルヴ・ノン・ドゼ、ブリュット、ロゼは
完璧なまでに見事な相乗効果を見せています。
リザーヴワイン(25~35%)は毎年新しくブレンドされ、
ミネラル豊かでより複雑なボディのあるワインに仕上がるよう
ソレラシステムにより木樽にて熟成されます。

Royale Réserve Brut

ロワイヤル・レゼルヴ・ブリュットはフィリポナ社のスタイルが
凝縮されたシャンパンです。しっかりとした骨格、余韻の長さ、
力強さのバランスがきちんと取れています。
このキュヴェはピノ・ノワールが主体で、マルイユ・シュール
・アイ村の土壌(テロワール)の本質的な個性を表しています。
澱と共に3年間熟成をしますが、新鮮さも全くと言っていい
ほど失われておらず、アペリティフに最適です。白身の肉、
ソーセージ、サラミや魚料理にその個性を発揮します。

テクニカルシートを見る

Royale Réserve Non Dosé

ロワイヤル・レゼルヴ・ノン・ドゼはフィリポナ社の
ノン・ヴィンテージの品質をありのままに表現しています。
全く甘味を加えない事により葡萄の持つ本来の
ピュアな魅力を引き出し、鮮明なアロマとミネラル感と
力強さの繊細なバランスが取れています。
アペリティフ、生魚(刺身等)やシーフード料理に良く合い、
和食とも楽しむことができます。

テクニカルシートを見る

Royale Réserve Rosé Brut

このフレッシュでエレガントなワインには、
透明感のあるピンクの色調や
力強い味わいが程良くマッチしています。
フィリポナ社のスタイルに忠実で、
ロワイヤル・レゼルヴ・ロゼは
複雑な果実味と繊細なアクセント、
ピュアで滑らかなアロマに特徴があります。
口当たりはきちんとしており、フルーティな味わいによって
スパイシーな印象を引き立たせます。
アペリティフに丁度良く、このエレガントなロゼはスモークした
肉や魚料理、ソーセージ、サラミ、
そして赤系果実のデザートに良く合います。

テクニカルシートを見る
戻る
test3_BDN.png
|Blanc de Noirs Vintage
05_grand_blanc_brut_detoure_2016.png
|Grand Blanc Vintage
06_sublime_reserve_sec_detoure_2016.png
|Sublime Réserve Sec Vintage

個性

The Vintage cuvées

アイ村、マルイユ・シュール・アイ村、コート・デ・ブラン
(グラン・クリュ及びプルミエ・クリュの区画のみ)の
良質な土壌(テロワール)の特徴を究極なまでに
表現しているシャンパンです。
フィリポナのヴィンテージ・キュヴェは、一回の収穫から
良質の葡萄をセレクトして造られていますので、
毎年独特の個性を表しています。
それ故に、各々のヴィンテージは全く違いますが、
エレガントな力強さという共通点もあります。
一番搾り果汁をブレンドし、一部木樽による伝統的な製法に
基づいてアルコール発酵が行われます。
またマロラクティック発酵は行いません。
地下のカーヴにおいて6年かそれ以上澱と共に寝かせる事で
複雑性豊かなシャンパンが造られます。

個性

Blanc de Noirs Vintage

アイ村やマルイユ・シュール・アイ村を中心とした
偉大なピノ・ノワールによる、待望のシャンパンです。
良い年にしか造られず、その年の最高のワインを
きめ細かく選定した結果、生み出されたものです。
ワインらしい力強さですが、
エレガントで新鮮なキュヴェです。
このまま飲んでも、食事と共に飲んでも、
幅広い用途で楽しめます。
このキュヴェは、以前はシャルドネがブレンドされており、
2005年のヴィンテージまでは
レゼルヴ・ミレジメと呼ばれていました。

テクニカルシートを見るテクニカルシートを見る

個性

Grand Blanc Vintage

シャンパーニュ地方における最も良質な
石灰質土壌のシャルドネのブレンドにより、
ピノ・ノワールを特徴としたフィリポナ社のレンジの中で、
グラン・ブランはユニークなキュヴェとして
ひと際脚光を浴びています。
濃密な香りとクリーミーな泡立ちですが、
繊細さとフィネスがよく反映されています。
ドザージュが低めのグラン・ブランは、
特別の日の為の最適なシャンパンです。
甲殻類の料理にとても良く合います。

テクニカルシートを見る

個性

Sublime Réserve Sec Vintage

フィリポナ社のヴィンテージ・シャンパンの3部作として、
シュブリム・レゼルヴ・セックは特に高級フランス料理と
合わせられるような甘口(ドザージュ:30g/l)の
ブラン・ド・ブランのシャンパーニュです。
最良の年に収穫されたシャルドネは綺麗な酸やフレッシュさ、
そしてトロピカルフルーツ、バター、
蜂蜜の香りをもたらします。
このキュヴェはクリームを使った料理やフォアグラ、
オリエンタル料理や軽いデザートに最適なシャンパーニュです。

テクニカルシートを見る
戻る
08_Cuvee_1522_detoure_2016.png
|Cuvée 1522
07_Cuvee_1522_rose_detoure_2016.png
|Cuvée 1522 Rosé

財産

Cuvée 1522

1522という名前は、フィリポナ家がシャンパーニュ地方の
中心にあるアイ村に定住した年を記念して名づけています。
古い記録によるとフィリポナ家の祖先であるアヴリール・
ル・フィリポナが、1522年にアイ村とディジィ村の間に位置する
「ル・レオン」と呼ばれる場所で葡萄畑を購入し、
代々住み続けていました。
キュヴェ1522とキュヴェ1522ロゼはグラン・クリュのみで
収穫された葡萄によって木樽における醸造、
マロラクティック発酵を行わない素晴らしいシャンパンです。
キュヴェ1522ロゼに使用されるマルイユの赤ワインは、
プルミエ・クリュで収穫されたもので造られています。
エクストラ・ブリュットのカテゴリーでのドザージュ(4g/l)で、
シャンパーニュ地方のテロワールの特徴であるミネラル感及び
フィリポナ社の見事なまでに完璧なブレンドのシャンパンです。
これら2つのシャンパンは、地下のカーヴで6~8年の間、
澱と共に静かに熟成した事によって、複雑で安定し、
大きな力強さよりもバランスを感じる独特のスタイルに
仕上がっています。

財産

Cuvée 1522

キュヴェ1522のラベルにある古い彫刻には16代に渡り住み続けた
フィリポナ家の地であるアイ村が描かれています。
この素晴らしいシャンパーニュは、メゾンが誇る最高の葡萄畑、
特にアイ村の「ル・レオン」から採れた葡萄で造られています。
その葡萄はこのシャンパンに、全体的な骨格、ミネラル感、
胡椒やスパイスの独特な香りを与えます。
ドザージュはエクストラ・ブリュットのカテゴリーです。
ヒラメや白身の肉料理に良く合います。

テクニカルシートを見るテクニカルシートを見る

財産

Cuvée 1522 Rosé

複雑でバランス良く、このキュヴェ1522ロゼは力強い口当たりで、
ミネラル感、フルーティーかつスパイシーな香りのある、
真っ直ぐで素晴らしいロゼ・シャンパンです。
この特徴は木樽における醸造やマルイユ・シュール・アイ村の
ピノ・ノワール(赤ワイン用として栽培された)による
軽いタンニンから来ます。
ミネラル感やフルーツの香りのバランスの良さにより、
仔羊、ヒメジ(スズキの一種)やシーフードにも良く合います。

テクニカルシートを見るテクニカルシートを見る
戻る
PRO_CDG_2008.png
|Clos des Goisses
10_closdesgoisses_rose_detoure_2016.png
|Clos des Goisses Juste Rosé

絶対的存在

Clos des Goisses

シャンパーニュ地方で一番古く、有名で、
最も傾斜した畑(45度)で収穫された葡萄で、
非常に力強いシャンパンを造りました。
壁に囲まれた5.5ヘクタールで、クロ・デ・ゴワスは
マルイユ・シュール・アイ村で一番優良な葡萄畑です。
約100年前からフィリポナ家の所有で、
常に素晴らしい葡萄畑です。
真南向きで、かなり傾斜がある畑なので、
すぐ識別ができます。
高級のキュヴェを超えた、ユニークなテロワールのワインです。

絶対的存在

Clos des Goisses

クロ・デ・ゴワスはシャンパンの中で一番力強いです。
他にないピュアな石灰質土壌で真南向きの丘です。
シャンパーニュ地方の昔の方言で「ゴワス」とは
急傾斜の丘という意味で、45度の傾斜の「クロ・デ・ゴワス」
にふさわしい名前です。
必ず年号が入り、ドザージュが少なく、殆どのベースワインの
アルコール発酵は木樽で行い、マロラクティック発酵を行わず
濃密さと風味の長さはこのシャンパーニュの特徴です。
食事に合わせる素晴らしいワインのようなシャンパーニュです。
ミネラリーでジビエ、トリュフ、キャビア、チーズのような
美食とのマリアージュは一生忘れられません。

テクニカルシートを見るテクニカルシートを見る

絶対的存在

Clos des Goisses Juste Rosé

コレクターに好かれる神話的なクロ・デ・ゴワス・
ジュスト・ロゼは一流のワインテイスター達から
異口同音に評価されています。
例外的なテロワールの特徴をロゼとして表しています。
ジュスト・ロゼ(ロゼだけ)という名前は
調和の取れた長い熟成による色が特徴です。
新鮮な果実と共にクリアな味わいです。驚くべき複雑さが
子羊や子牛の肉、大きめの甲殻類との相性は抜群です。

テクニカルシートを見る
戻る
11_LeLeon_detoure_2016.png
|Le Léon
13_Mareuil_detoure_2016.png
|Mareuil-sur-Ay
12_LesCintres_detoure_2016.png
|Les Cintres

起源

The single plot-cuvées

単一区画のワインは、フィリポナ社の葡萄畑の
最も質の高いテロワールで生まれます。
「ル・レオン」「マルイユ・シュール・アイ」
「レ・サントル」は、グラン・クリュ及び
プルミエ・クリュの歴史的な区画です。
「ル・レオン」はアヴリール・フィリポナが
1522年に葡萄畑を購入したアイ村にあります。
「マルイユ・シュール・アイ」はメゾンの所在地です。
「レ・サントル」はシャンパーニュ地方で大変ユニークな
クロ・デ・ゴワスにあります。
全てヴィンテージ・シャンパンのブラン・ド・ノワールで、
地下カーヴにおける澱上熟成は最低7年間です。
最低限のドザージュが複雑さやふくよかな芳香を与えます。
新鮮さとワインらしい品質の完璧な調和で、
フィリポナ社のシグネーチャーであるピノ・ノワール使用は
100%のため、この単一区画のワインは
フィリポナ社のスタイルを最適に表しています。
生産量は少ないですが、この3つのシャンパンは
フィリポナ社のワインの真髄です。

起源

Le Léon

アイ村とディジィ村の中間に位置する「ル・レオン」は
フィリポナだけではなくシャンパーニュ地方で
最も歴史的な葡萄畑の一つです。
実際に1522年からアヴリール・ル・フィリポナが所有しています。
ピノ・ノワールしか植えていないグラン・クリュです。
単一区画の2006年のル・レオンはアイ村の石灰質土壌がもたらす
ミネラル感による柑橘系果実、白胡椒、ピーマン、
木イチゴの実のアロマを表しています。
魚等のシーフードだけではなく、グリルした肉、
ベジョータの生ハム、ウォッシュチーズとの
繊細な相性が味わえます。

テクニカルシートを見る

起源

Mareuil-sur-Ay

ピノ・ノワールがメインのプルミエ・クリュの
「マルイユ・シュール・アイ」という単一区画の葡萄畑は、
数百年の歴史を誇るテロワールを最適に表現したキュヴェです。
味わいは2006年のヴィンテージの特性を表しています。
果実の香りと繊細さのバランスが良く取れており、
軽快で上質なワインです。
貝類や甲殻類との絶妙な相性で、
白身肉や白カビチーズとも良く合います。

テクニカルシートを見るテクニカルシートを見る

起源

Les Cintres

「レ・サントル」という葡萄畑はクロ・デ・ゴワスの中心に
あります。一年中理想的な日当たりと真南向きという立地で、
素晴らしいテロワールの葡萄畑です。
2006年ヴィンテージは、赤い果実やフランボワーズの
ブランデーに、ややスモーキーなニュアンスが加わります。
素晴らしくアタックの強いアロマとエレガントで新鮮な後味で
オマール、魚、白身肉に最適なシャンパーニュです。
数年間の保存により、肉の煮込みや様々なチーズにも合います。

テクニカルシートを見るテクニカルシートを見る